文春の鳥越氏「淫行」疑惑 朝刊各紙はどう表現した?

印刷

   東京都知事選(2016年7月31日投開票)に立候補している鳥越俊太郎氏(76)は、「週刊文春」最新号の「鳥越俊太郎『女子大生淫行』疑惑」と題した記事について、発売に先立つ7月20日夜、記事は「事実無根」とする抗議文を公表した。

   インターネットではその日のうちに、鳥越氏の「淫行疑惑」との表現を使った記事が流れた。一方、鳥越氏の「抗議」を伝える中で、疑惑内容について、翌朝21日付の新聞各紙朝刊では、どのように伝えたのか。各紙を比較した。

  • 新聞各紙はどう報じたか
    新聞各紙はどう報じたか

「女性関係の疑惑」など

   大手紙(いずれも東京最終版)のうちで、日本経済新聞には、鳥越氏の文春報道絡みの記事は載っていなかった。

   読売、朝日、毎日の各紙では、文春が報じた「淫行疑惑」について、ぼかした表現にとどめていた。読売は「過去に女性に絡んだ疑惑があったとする内容」(第2社会面、ベタ)、朝日「過去の女性関係に疑惑が(略)」(3社、短信)、毎日「過去の女性関係の疑惑が(略)」(2社、ベタ)という表現だった。

   一方、産経新聞は第3社会面に3段見出しで「鳥越氏側、週刊文春告訴へ 強引にキス報道『事実無根』」と伝えた。本文では「当時大学2年だった女子大生に強引にキスをし、ラブホテルに誘った(略)」と、具体的に表記した。ただ、「淫行」との記載はなかった。また、弁護団の抗議文も「一部略」の形ながらも、長めに紹介した。

   鳥越氏側は7月21日、あらためて「記事は事実無根だ」として、週刊文春について、公職選挙法違反の疑いなどで刑事告訴した。週刊文春編集部は同日、読売新聞などの取材に対し、「記事には十分な自信を持っている」と、コメントを公表している。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中