ポケモンGOでシャープ公式アカの評判ガタ落ち 自社製スマホ、一時プレイできず

印刷

   ユニークなツイートを連発するシャープの公式アカウントが、アカウント名を一時的に「シャープGO式会社」と変えた(2016年7月22日12時までに修正)。いうまでもなく、この「GO」は、22日に日本でも配信が始まった大人気スマートフォンゲーム「ポケモンGO」にあやかったものとみられる。

   しかし、シャープ製のスマホで「ポケモンGO」をプレイできないトラブルが配信直後に起こったため、「何言ってんだ」という冷ややかな反応が起きる羽目になった。

  • 乗っかったはいいものの…(画像は「改名時」の公式アカウントのスクリーンショット)
    乗っかったはいいものの…(画像は「改名時」の公式アカウントのスクリーンショット)

「シャープGO」にアカウント換えたばかりに

   アカウント名を変えた時間は不明だが、キャッシュページを見る限り、16年7月21日22時の時点で「シャープGO式会社」となっていた。プロフィール欄も「シャープGO式会社のGO式アカウントです。さまざまな家電や企業の活動、その他あれこれを発信中」に変更されていた(現在は元に修正)。

   これに対し、最初は「たのしそうでなにより」「わろた」と好意的な反応がツイッターに多く寄せられた。しかし、肝心の22日にシャープ製携帯端末で「ポケモンGO」をプレイできないという痛恨のトラブルが発生。今度は

「SHARPさん早くなんとかして!」
「シャープだからって見捨てないで」
「ポケモンGOの影響でシャープの人気が急降下」
「シャープのスマホポケモンGOできないのに何言ってんだ」

と不満のツイートが相次いだ。

   シャープ広報部の担当者が22日15時までにJ-CASTニュースに回答したところによると、「現在、トラブルは解消」しており、原因を「確認中」だという。

   同社公式アカウントは、くだけた言い回しや顔文字を多用するツイートで若者からも多くの支持を集めている。韓国・サムスン電子グループとの資本・業務提携を発表した13年3月には、元AKB48の前田敦子さんの言葉を借りて「私のことは嫌いになっても...シャープの製品のことは嫌いにならないでください」と一言。

   台湾の「鴻海(ホンハイ)精密工業」傘下になることが決まった16年2月にも「なんて日だ!」とツイートする余裕を見せた。

   今回のような「改名」も繰り返していた。15年10月にはなぜか半濁点なしの「シャーフ株式会社」に。16年2月22日のいわゆる「ねこの日」には「ニャープ株式会社」になった。

   今回も、日本での公開を前に「ポケモンGO」の人気が爆発的に過熱したのにあやかり、得意のシャレでアカウント名を変更したとみられるが、自社製スマホで肝心の「ポケモンGO」がプレイできなかったことについて、公式アカウントでの言及はなかった。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中