NHKで「NHKをぶっ壊す!」政見放送 元職員の都知事候補者が主張したこと【都知事選2016】

印刷
 

   NHKで流された東京都知事選(7月31日投開票)の政見放送で、立候補した元職員の立花孝志氏(48)がNHKを痛烈に批判して、ネット上で注目を集めている。

 
「NHKでNHK批判w」「いきなりすげえのきたな」「これを流すNHKも凄い」
  • 建て替えも、お金の使い方がおかしい?
    建て替えも、お金の使い方がおかしい?

「年間平均給与は1800万円」

 

   2016年7月21日深夜放送の政見放送に立花孝志氏が登場すると、ネット上でこんな驚きの声が次々に書き込まれた。

 

   立花氏によると、NHKの経理職員を20年間務めたが、週刊文春にNHKの不正経理を内部告発したのをきっかけに11年前に退職した。その後は、ジャーナリストなどを経て、15年から千葉県船橋市議を務めた。今回の都知事選には、政治団体「NHKから国民を守る党」の代表として立候補している。

 

   政見放送では、自らの経歴を紹介した後、右手の拳を突き上げて次のように声を張り上げた。

 
「私の公約はただ1つ、『NHKをぶっ壊す!』でございます」
 

   小泉純一郎元首相を連想させる過激なフレーズだが、なぜか笑顔だった。

 

   その理由として、立花氏はまず、「NHK職員の給与が高すぎます」と指摘した。人件費の年間平均額は1800万円にも上ると主張し、それが受信料で賄われているとして、「皆さん、こんなNHKを許せますか」と訴えた。

 

   過去の巨額横領事件などNHK関係者の不祥事が多すぎるともし、7月に入って写真週刊誌に報じられた地方局アナウンサー2人の不倫疑惑については、「NHKはこれを隠ぺいしています」と批判した。また、建て替え費用3400億円と一部で報じられた新放送センターなども、「NHKのお金の使い方がおかしい」と疑問を呈した。さらに、受信料の集金手法に不満が出ているとし、ワンセグで受信料を支払う必要もないと主張して、視聴者から要望の多いスクランブル放送を実施すべきだとしている。

「個別の候補者の主張には、お答えを控えたい」

 

   政見放送を通じて、立花孝志氏は、「NHKをぶっ壊す!」というフレーズを何度も連呼していた。立花氏の政見放送は、7月25日朝にも流される予定だ。

 

   立花氏が明かした内容は、どこまでが事実に基づいているのか。

 

   人件費については、NHKの決算で2011年度は給与総額を職員数で割った平均年収は、1185万円と明らかにされている。その後、各種手当などを含めると1800万円ほどになると一部で報じられた。17年度をめどに10%を削減することが決まっており、現在は1185万円より低い可能性があるが、1800万円という額がどこまで実態に近いかは不明だ。

 

   アナウンサー2人の不倫疑惑には、NHKは、2人が降板したかも含めてコメントしていないが、その理由としては、プライベートなことに当たることを挙げている。

 

   放送センターの建て替え費用が3400億円になるかは、移転を想定して一時的に試算したもので、現在地での建て替えが決まってからは算出していないとして、一部報道に対して事実と違うと反論している。

 

   また、ホームページでは、ワンセグでも受信料は必要であり、スクランブル放送については、「全国どこでも放送を分けへだてなく視聴できるようにする、という公共放送の理念と矛盾し、問題がある」と説明している。

 

   ネット上では、立花氏の政見放送の主張に賛同できるとの声が多い。 政見放送は候補者の発言をそのまま伝えることになっているが、立花氏の主張は正しいのか。NHKの広報部は、22日のJ-CASTニュースの取材に、「選挙期間中は、個別の候補者がなされた主張については、お答えを控えさせて下さい」とコメントしている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中