社員自殺でビルの価値下がった 「入居企業が賠償」報道に驚き広がる

印刷

   社員の飛び降り自殺でビルの資産価値が下がったとして、東京地裁が入居企業に1000万円の賠償金をビルの所有会社に支払うよう命じたと毎日新聞が報じた。

   ネット上では、「聞いたことがない」「無理筋ではないか」などと驚きの声が広がっている。

  • 賠償命令に驚きの声相次ぐ
    賠償命令に驚きの声相次ぐ

「精神的瑕疵」ビル販売額を1割引き下げ

   毎日新聞サイトの2016年8月8日付記事によると、あるオフィスビルに入居している企業の男性社員が14年、外付け非常階段から飛び降り自殺した。ビル所有会社はビルを売り出していたが、「精神的瑕疵有り」と明記せざるをえず、販売額の1割に当たる約4500万円を引き下げてやっと売ることができた。

   ビル所有会社は、飛び降り自殺で資産価値が下がったとして、入居企業に約5000万円の損害賠償を求めて提訴した。これに対し、入居企業側は、ビルの共用部分で自殺するとは予測できないため賃貸契約の注意義務に含まれない、マンションなどに比べれば資産価値への影響は限られているなどと主張し、請求の棄却を求めたという。

   しかし、東京地裁では、自殺があったことから出入りする人にビルへの嫌悪感を抱かせてしまうとして、入居企業には「借りた室内や共用部分で従業員を自殺させないよう配慮する注意義務を負う」と判断。自殺による損害分は、1000万円に相当するとみなした。

   マンションから飛び降り自殺したケースについては、自殺者の遺族にマンションの賃貸会社やほかの部屋の所有者から高額の賠償金が求められることは多く、ネット上のQ&Aサイトでも、こうした相談が多数寄せられている。

   しかし、オフィスビルについては、ビル所有会社が自殺社員の出た入居企業に賠償を求めたといった報道はほとんどない。

「事故物件」の情報がネット上で検索できる時代

   今回の賠償命令について、ツイッターなどでは、ちょっとおかしいのではないかと疑問や批判が次々に寄せられている。

「管理者責任って結構むちゃくちゃな要求だ」
    「最後のいやがらせのために会社で自殺する人が出るな」
    「共有部ならビル所有者の責任だろ」

   一方で、「真っ当に労働させてれば会社で自殺するわけない」などと、入居企業の賠償責任を認めた判決の意味を推し量る向きもあり、様々な議論が出ている。

   ツイッターでこの判決について発言した岡村久道弁護士は、J-CASTニュースの取材に対し、次のように指摘する。

「今回の背景には、事故物件の情報がネット上で検索できるようになり、物件価値が下がってしまっていることがあるのでは。しかし、従業員を自殺させないよう配慮する注意義務を負うというのは、聞いたことのないような判決です。これが一般論になると、企業は非常に特殊な義務まで負ってしまうことになります。どこまで一般化するべきかは、大きな議論になることだと思いますね」

   岡村弁護士は、ビル所有会社も今後は厳しいことになりかねないと言う。

「所有会社側も、非常階段に出られなくしたりネットを張ったりしないといけなくなり、何をしていたのかと言われるからです。非常階段からの飛び降りを防ぐのは難しいので、判決は控訴審で覆る可能性があるでしょう」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中