大混雑の新幹線で「2時間フルスタンディング」 福岡・高島市長がデッキから「実況」

印刷

   お盆シーズンに突入し、帰省ラッシュが始まった。混雑に巻き込まれているのは、家族連れはもちろん、自治体の首長も例外ではない。福岡市の高島宗一郎市長(41)は、自身のフェイスブック(Facebook)で、ラッシュの混乱ぶりをユーモラスに伝えている。

   乗る予定だった新幹線が遅延し、その前の便に乗ることにした高島市長。車両間のデッキから、写真付きで『実況』をしている。

  • 高島市長のフェイスブック投稿から
    高島市長のフェイスブック投稿から
  • 天井に手を着く人も(高島市長のフェイスブック投稿から)
    天井に手を着く人も(高島市長のフェイスブック投稿から)

「お弁当を買ってなくてよかった」「携帯がフル充電だったことが救い」

   2016年8月13日午前の投稿では、「さすがお盆!」との感想とともに、2枚の写真を添付した。どうやら2号車と3号車の間にあるデッキで撮影されたもので、乗客はギュウギュウ詰め。バランスが取れないのか、天井に手をついている人もいる。

   写真には、ハッシュタグが多数つけられている。そのまま引用すると、こんな感じだ。

「#予定の新幹線が2時間遅れ
#オンタイムに着くため早く出る便で2時間フルスタンディング
#中ほどはまだ空いてますので詰めてくださいとのアナウンス連呼中(笑)
#お弁当を買ってなくてよかった
#携帯がフル充電だったことが救い
#このドローカルなお盆の風物詩はとてもグローバルに見て面白いかもとか少しでも前向きに捉えようとする俺シリーズ」

   高島市長は、政治家に転身する前は九州朝日放送(KBC、福岡市)のアナウンサーで、プロレス好きが高じて地方局アナウンサーとしては異例の「ワールドプロレスリング」(テレビ朝日)の実況に抜擢されたこともある。アナウンサー時代に培った状況描写の経験が、車内からの投稿にもつながったのかもしれない。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中