西鉄黄金期「名ショート」豊田泰光さん、死去 「辛口(評論)好きでした」

印刷

   プロ野球・西鉄ライオンズ(現・西武ライオンズ)の黄金時代に内野手として活躍した豊田泰光さんが2016年8月14日、死去した。日本経済新聞などが15日、報じた。81歳だった。

   茨城県出身で、水戸商高3年だった1952年、夏の甲子園に出場。翌年に西鉄に入団し、1年目から強打の遊撃手としてチームを支えた。

  • 豊田さんの著書「オレが許さん!」(写真はAmazonより)
    豊田さんの著書「オレが許さん!」(写真はAmazonより)

野球雑誌で20年間コラムを担当

   豊田さんは1年目、高卒新人としては異例の打率2割8分1厘、27本塁打という好成績を収め新人王を獲得した。1956~58年の西鉄黄金時代には、打線の主軸を担って日本シリーズ3連覇に貢献した。通算成績は1814試合に出場し、1699安打、打率2割7分7厘、263本塁打、888打点。首位打者に1度、ベストナインには6度、選出されている。

   引退してからは近鉄でコーチを務めた後、テレビやラジオで野球評論家として活動していた。野球雑誌「週刊ベースボール」では、1993年から2013年までコラム「豊田泰光のオレが許さん!」を担当し、舌鋒鋭い評論がファンの間で親しまれていた。2006年に野球殿堂入りを果たした。

   ツイッターには、

「西鉄流線型打線恐怖の2番打者豊田泰光さん死去ですか。。高卒1年目からショートのレギュラーとして20本塁打を放ち西鉄黄金期を支えた名選手がまたひとり。。。合掌」
「豊田泰光さん亡くなったのか......辛口なの結構好きだったんですが......ご冥福をお祈りします」
「豊田さんの現役時代は無論知りませんが、週刊ベースボールの連載愛読してました。本当に教養ある人だなと思うし、そういう人ならではの野球の視点がありました」

と追悼の声が寄せられている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中