バイデン米副大統領「我々が日本の憲法を書いた」 韓国メディア、安倍首相と同じ文脈を警戒

印刷

   米国のジョー・バイデン副大統領が「我々が日本の憲法を書いた」と発言し、波紋を広げている。日本国内の報道の扱いは大きくないものの、「無責任だ」という指摘や、「日本人ももっとその事実を認識すべき」との意見も出始めた。

   韓国メディアは日本メディアを引用する形で発言を報じており、発言が「日本国内の改憲論議にも影響」しないか警戒している様子だ。

  • バイデン副大統領の演説を、クリントン氏は笑顔でうなずきながら聞いていた(写真:UPI/アフロ)
    バイデン副大統領の演説を、クリントン氏は笑顔でうなずきながら聞いていた(写真:UPI/アフロ)

クリントン氏も笑顔でうなづきながら演説を聞く

   発言は民主党のヒラリー・クリントン次期大統領候補が2016年8月15日(日本時間16日)に重要州のひとつ、ペンシルベニア州で開いた集会の中で出た。クリントン氏の集会に初めて参加したバイデン副大統領が演説の中で、対立候補の共和党のドナルド・トランプ候補のことを指しながら、

「彼は、核保有国にはなれない、とする日本の憲法を我々が書いたということを理解していないのか」

と批判したのだ。バイデン氏のすぐ後ろに座っていたクリントン氏も、笑顔でうなずきながらバイデン氏の演説を聞いた。

   トランプ氏が日本や韓国といった同盟国に核武装を容認する姿勢を示していることについて、日本の憲法を引き合いに出しながら批判した形だが、米政府の要人が「我々が日本の憲法を書いた」(We wrote Japan's Constitution)と明言するのは異例だ。

   この発言に対し、日本政府は夏休みに入っており公式の反応はない。日本の政界からの反応としては、「日本のこころを大切にする党」所属の和田政宗参院議員が、ツイッターで

「そうなんですよ。アメリカが書いた憲法なんですよ。現行憲法は。日本人ももっとその事実を認識すべきです」

などと現状の問題を認識すべきだと訴えている程度だ。他には、漫画家の小林よしのり氏が

「しかしバイデンもよくこんな失礼なことを公然と口に出したものだ。いや、失礼だが、公言してもらって良かったのだろう。『憲法を書いてもらってありがとう』と感謝している愚劣な日本人の姿が明瞭になってくる」

などとブログに書き込んでいる。

「日本の改憲論議に影響を与える可能性」

   新聞各紙は発言の事実を淡々と伝えるところが多いが、8月17日の朝日新聞「天声人語」は

「米政府の要人としては異例で、無神経というほかない。それにしても『アメリカから押しつけられた憲法だから改憲すべきだ』と主張する人たちが歓迎しそうな話だ」

と発言に不快感を示した上で、戦後70年、憲法が改正されなかったことを引き合いに

「戦後の歴史を無視するかのようなバイデン氏の発言は傲慢(ごうまん)ともとれる。敗戦を思うこの時期、日本の政治家からはどんな声が出てくるか。まさか聞こえなかったことにするわけではあるまい」

と、政界の発言を注視する考えを示した。

   韓国メディアは、共同通信や時事通信を引用しながら発言を伝えた。韓国の通信社「ニュース1」は、

「安倍晋三首相が憲法改正を自らの政治的宿願としている状況であることを考えると、バイデン氏の発言が日本国内の改憲論議にも影響を与える可能性があるという見方も出ている」

などと発言が改憲論を後押しすることを警戒。聯合ニュースは、バイデン氏の発言が「非常に異例」だとしながら、

「安倍首相が改憲の必要性を強調しながら『(軍隊保有禁止などを定めた)憲法9条は、日本が第2次世界大戦で敗れた後、日本を統治していた連合軍総司令部(GHQ)の強要で作られた』と明らかにしているのと同じ文脈だ」

と伝えるなど、安倍政権への警戒を強くにじませている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中