元在特会会長が「新党」 桜井誠氏、「日本第一党」立ち上げ

印刷

   元「在日特権を許さない市民の会」会長で、2016年7月の都知事選に立候補して落選した桜井誠氏(44)が8月29日、新党「日本第一党」(略称・日本一)を立ち上げたとツイッター上で明らかにした。

   それによると、党首は桜井氏で、最高顧問を保守系活動家の瀬戸弘幸氏(64)が務める。 桜井氏は先の都知事選で、約11万4000票以上を集め、21人中5位の得票だった。都知事選の有効投票者数は、約654万6000票だった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中