新潟県知事、報道にイジけ出馬撤回? 公表理由に「納得いかない」の声

印刷

   新潟県の泉田裕彦知事(53)は2016年8月30日、4選を目指していた県知事選(9月29日告示、10月16日投開票)から撤退すると発表した。30日、後援会サイトに掲載した文書内で明らかにした。

   撤退の理由としているのは、地元の有力紙「新潟日報」との間に生じた報道をめぐる軋轢だ。

  • 後援会サイトには「この秋の新潟県知事選挙からの撤退について」と題した文書が掲載された(画像はサイトのスクリーンショット)
    後援会サイトには「この秋の新潟県知事選挙からの撤退について」と題した文書が掲載された(画像はサイトのスクリーンショット)

「憶測記事や事実に反する報道が続きました」

   泉田氏は文書の中で「今回の選挙は政策論と関係ない動きが続いていると感じています」と指摘し、新潟日報を名指しした。

   同紙はこれまで、県が出資する第三セクターの子会社が関わったフェリー購入契約のトラブルについて批判的に報じてきた。泉田氏は一連の報道について「憶測記事や事実に反する報道が続きました」と説明。同紙には再三申し入れを行ってきたが訂正や説明はなかったといい、「県が組織的に虚偽答弁をしているのではないか等の誤った印象が形成されているように思います」と主張した。

   その上で泉田氏は「このような環境の中では、十分に訴えを県民の皆様にお届けすることは難しい」とし、「この秋の新潟県知事選挙からは撤退したいと思います」と表明した。

   泉田氏は新潟県加茂市出身。現在3期目で、2月の県議会では出馬の意向を明らかにしていたが、一転取りやめとなった。

   だが、この説明に納得していない人も多いようで、泉田氏のツイッターには県民とみられる人々から「県民は不出馬なんて望んでないです」「そんなに卑劣な報道があったなら、選挙に出てその卑劣さを訴えた方がいいと思います」といった声がいくつも寄せられている。ネット上でも「それが出馬撤回の理由と言うのがよくわからない」「だったら戦えばいいじゃん」といった声が少なくない。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中