舛添出張「ロンドンで深夜のガイド」 都議が「黒塗り資料」の「ナマ数字」公開

印刷

   「豪華すぎる大名旅行」と批判された舛添要一前東京都知事の海外出張資料の一部が開示され、ネット上でその内容に驚きの声が上がっている。

   「なにこの予算(-_-;)」「現地で何をするつもりなんだ。。。」「五輪予算も精査して見ればあれな感じになりそう」

  • 深夜にガイドを連れて何をしようとした?
    深夜にガイドを連れて何をしようとした?

見積もりでは、ホテル会議室「5日間で220万円台」

   出張問題を追及している音喜多駿都議が、2016年8月29日のブログで、以前は黒塗りで開示された資料の黒塗りが取れた部分を明かすと、ツイッターなどでこんな書き込みが相次いだ。

   舛添前知事は、15年10~11月にパリやロンドンに出張したとき、職員を20人も引き連れ、5泊7日で5000万円超も費やしたことが後の報道で明らかになった。

   今回、黒塗りが取れて全面開示された資料の予定表を見ると、4人いた現地ガイドが、日中は計5日間も同時に稼働する形になっていることが分かった。さらに日中以外の時間帯でも、パリでは、ガイド3人がそれぞれ1日ずつ夕方の16~19時に、ロンドンでは、ガイド1人が1日だけ14~19時に働いていた。さらに、ロンドンでは、ガイド2人が同じ日のなんと深夜の22~24時に働いていた。

   見積もりした予算額も、不可解なほどに膨らんでいる。ホテル内の会議室については、パリ、ロンドンとも220万円台にもなっていた。ともに5日間の貸し切りになるが、それでも1日44万円だ。今回の出張では、近畿日本ツーリストに業務委託し、実際にかかったのは、パリ、ロンドンとも5日間で5万円に過ぎなかった。

   このほか、パリ、ロンドンともカラー複合機が100万円前後、ホワイトボードが10万円強の予算額になっていたが、実際の額はそれぞれ5万円、1万円だった。

   総じて、予算額と実際額のかい離が目立っており、見積もりが「どんぶり勘定」になっている状態だ。予算総額は3400万円ほどだったのが、実際は1600万円ほどと半額以下に収まっていた。

都の外務部管理課「適正額にする必要性は認識している」

   これに対し、資料をアップした音喜多駿都議は、「こんな適当な予算組みやってたら、旅行会社に食い物にされるに決まってる」とブログで厳しく批判している。

   東京都の外務部管理課では、J-CASTニュースの30日取材に対し、当初は黒塗りで開示していたことについて、「単価と数量を公表すると予定価格が推察される恐れがあり、入札業務に支障が出ると考えたからです」と説明した。今回の開示で黒塗りを取ったことについては、「海外では出張先によって物価が違うため推察されにくく、高額出張で批判が高まったので知事の出張に限って公表することにしました」と言う。

   小池百合子新知事は、8月12日の定例会見で黒塗り部分の一部を開示し、情報公開を進める考えを示している。しかし、管理課では、今回の開示は、舛添要一前知事の了承で6月20日にすでに決まっていたとしている。

   ガイドが4人もおり、深夜にも働いていたことについては、「業務上、必要だと考えて手配しました。夜は超過勤務をしていたことになりますが、遊んでいたわけではありません」と話した。

   ホテル内会議室に220万円も予算を付けていたことは、「十数人が会議することを考えて、60平米ほどのバンケットルームを予定していました」と言う。予算額と実際額のかい離については、裏金作りを全面的に否定したうえで、次のように説明した。

「入札を行うと通常は予算を下回っており、今回は、業務委託先がかなり下回った額で落札したということです。ただ、ご批判については真摯に受け止めており、適正額にする必要性は認識しています。見積もりの方法を見直しており、予算額を縮減する方向で考えています」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中