小林麻央のがんを知って 海老蔵の母「私がなれば...」

印刷

   乳がんで闘病中のフリーアナウンサー、小林麻央さん(34)が2016年9月25日午後にブログ「KOKORO.」を更新した。夫の市川海老蔵さん(38)の母、希実子さんが、麻央さんの病名を知った時に漏らした「私がなればよかったのに」という言葉を綴り、涙が止まらなかったことを明らかにしている。

   麻央さんは前日の24日には、同じく乳がんにかかったことがある自身の母親について「私は母になっても、永遠に、母には敵わない」などとする心境を投稿している。

  • ブログを更新した小林麻央さん
    ブログを更新した小林麻央さん
  • 25日更新された小林麻央さんのブログ
    25日更新された小林麻央さんのブログ

「寂しさ、哀しさが同時に凝縮されて」

   がんを告知された当時は、海老蔵さんの父、市川団十郎さんが亡くなって1年半ほどしかたっていなかったため、麻央さんは、

「(海老蔵さんの)母に、とてもでないけど、今度は私が癌だなんて言えないと思った」

と、自身の病よりも、とっさに義母に対する思いやりの気持ちが浮かんだことを吐露している。そして、海老蔵さんが希実子さんに電話をすると、希実子さんは、

「私がなればよかったのに。。。!」

と言ったと明かした。

   麻央さんは、その言葉のなかには、団十郎さんを亡くした「寂しさ、哀しさが同時に凝縮されているよう」に感じているとして、

「涙が止まらなかった」

とこの日のブログを結び、夫を病で亡くし、今度は嫁ががんになった希実子さんの心情を思いやった。

   麻央さんは、このところ連日、がんが告知された当時の自身や家族のことを投稿して、大きな反響を呼んでいる。この日のブログにも25日16時現在、3万件近い「いいね!」が付いているほか、

「私も涙がとまりません」
「麻央さん。私も同じ事言われましたよ」

といったコメントが寄せらている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中