東京五輪3施設見直し提案、8割が「評価する」 JNN調査

印刷

   JNNが2016年10月1日~2日に行った世論調査によると、 2020年東京五輪・パラリンピックの競技会場3施設の整備計画を抜本的に見直すよう求めた東京都の調査チームの提案について、約8割が「評価する」と回答した。

   都政改革本部の調査チームは9月29日に発表した報告書の中で、ボート・カヌー競技会場の「海の森水上競技場」、水泳競技会場の「アクアティクスセンター」、バレーボール会場の「有明アリーナ」について、東京都以外への移設や既存施設の改修によって対応すべきだと提言した。JNNの調査では、これを「評価する」と回答した割合が81%を占め、「評価しない」は10%にとどまった。

   また、開催総費用が「3兆円を超える可能性がある」と試算されていることについては「高すぎると思う」が82%、「高すぎると思わない」が10%だった。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中