新潟県知事選、米山氏が当選確実 原発政策で泉田知事を継承

印刷

   新潟知事選挙は2016年10月16日に投票が行われ、開票の結果、共産・社民・自由の野党3党が推薦する医師の米山隆一氏(49)が、自民・公明の与党が推薦する元長岡市長の森民夫氏(67)を破り、初当選が確実となった。NHKなど各メディアが16日夜、一斉に報じた。

   知事選は東京電力柏崎刈羽原子力発電所の再稼働の是非が最大の争点で、各世論調査では接戦が伝えられていた。

   米山氏は、再稼働に極めて慎重で今回の知事選挙への出馬を急きょ見送った泉田裕彦・現知事の路線を継承するとして、野党3党の推薦のほか、自主投票を決めていた民進党の蓮舫代表が終盤に米山氏の応援に回るなど、事実上の野党統一候補として支持を集めた。

   森氏は、再稼働については「安全最優先」との立場を表明していたが、原発再稼働を推進する与党側から組織的な応援を受け、自民党の二階俊博幹事長をはじめ自民・公明両党の大物幹部が現地入りするなどして支持を訴えたが、及ばなかった。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中