たけし、紫綬褒章を断っていた 東国原英夫が本人との会話明かす

印刷

   映画監督の北野武(ビートたけし)さんは紫綬褒章の受章を断っていたと、東国原英夫さんが明かした。電話でたけしさん本人から直接聞いたという。

   紫綬褒章は、芸能界でも俳優や映画監督、落語家の受章もあり、キャリアや実績の高さから、たけしさんの名前が取り沙汰されることもあった。

  • 東国原英夫さんがビートたけしさんに聞いたという裏話を明かした
    東国原英夫さんがビートたけしさんに聞いたという裏話を明かした
  • ともにイベントに登場した平子理沙さん(右)と美香さん(左)
    ともにイベントに登場した平子理沙さん(右)と美香さん(左)

フランスの勲章は現地へ受け取りに行く予定

   東国原さんは2016年10月20日、東京・赤坂で開かれたコスメティックブランド「ビタブリッドC」新商品発表会に出席。トーク中、自身のお笑いの師匠であるたけしさんが、フランスの最高勲章「レジオン・ドヌール」を受賞することが18日にわかり、その話題に触れた。

   たけしさんは15年6月にも仏シャンパーニュ騎士団から「名誉侍従」の称号を授与するなど、フランスを中心に海外で数々の栄誉を受けてきた。一方で「日本国内の章の話は来ないのか?」と疑問に思っていた東国原さんだったが、「電話で昨日たけし師匠と話したんですけどね...」としてこんな話を持ち出した。

「たけし師匠は紫綬褒章を断ったらしいですよ。『なんでですか?』って聞いたら、『金くれねーからだよ』って。そこが基準?とは思いましたが。受章の話が来たのはここ数年じゃないですかね」

   紫綬褒章は天皇陛下の名で学術・芸術・文化の功労者に授与される褒章。東国原さんによると、「紫綬褒章を断った文化人は初めてらしいです」。また「無欲なんですよ。照れるんですよ」とたけしさんの心情を推し量った。

   たけしさんは、レジオン・ドヌールには10月25日に開かれるフランスでの式典に出席し、受け取る予定。東国原さんは「旅費は自腹らしいですが、それでもたけしさんはフランスには行く」とし、その理由は「レジオン・ドヌールを受賞すると、自分のコマーシャルランクが上がるらしいんです。事務所の戦略だそうです」と、話した。

   「こんなに喋って大丈夫か」と報道陣に問われると、「相当たけしさんに怒られるでしょうねえ。『何でもかんでもしゃべりやがって!』ってね」と冗談まじりに答えていた。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中