中国地方当局もビックリ 日本への観光客がホテルから「便座持ち出し」

印刷

   中国人観光客が、愛知県内のホテルから温水洗浄便座を持ち去ったとして、中国上のネット上で騒ぎになっている。

   添乗員がSNSに書き込んだ内容が拡散し、旅行社を監督する中国の地方政府機関が旅行社に調査を指示。観光客は「出来心で持ち出した」などとして陳謝し、返却したという。

  • ホテルの便座持ち出しをめぐって中国のネット上では騒ぎが起きている(写真はイメージ)
    ホテルの便座持ち出しをめぐって中国のネット上では騒ぎが起きている(写真はイメージ)

「前の客の忘れ物だと思い、出来心で持ち出した」と釈明

   騒動の発端は中国のSNS、微信(ウェイシン、WeChat)の書き込みだ。日本ツアーの添乗員を名乗る人物が

「ショック!寧波の観光客がホテルの便座を持ち出した!」

などと書き込み、たちまち拡散された。この書き込みは後に削除されたが、トラブルを起こしたのが「寧波の観光客」だとされたため、寧波市旅遊局がツアーを主催した旅行会社に調査を指示。その調査結果が2016年10月19日、寧波市旅遊局の微信に掲載された。

   それによると、問題を起こした客の一行は10月17日~22日の6日間の日程で日本に滞在。17日にホテルにチェックインし、18日のチェックアウト後にホテル側から「ベッドの下の箱にあるはずの予備のトイレのふたがなくなっている」などと問い合わせを受けた。ガイドが客を問いただしたところ、客は「ベッドの下に箱があるのを発見し、前の客の忘れ物だと思い、出来心で持ち出した」などと話し、18日に添乗員を通じて返送することになった。報告書には、その宅配便の伝票の写真も掲載されている。客はホテルに迷惑をかけたことに謝罪の意を示しており、旅行社としてもマナー向上を呼びかける、としている。

清掃員が便座がなくなっているのを発見

   トラブルが起きたのは中部国際空港(愛知県常滑市)にある東横イン。同社広報部によると、10月18日に清掃員が便座がなくなっているのを発見。添乗員に事情を問い合わせたところ、観光客が持っていることが分かったとして、送り返すことになったという。便座が返却されることになったため、これ以上はトラブルについて問題視しない構えだ。広報部では「新品の便座が持ち去られた」とのみ把握しており、ふただけ持ち去られたのか、便座本体が持ち去られたのかなどについては把握していないという。

   中国のネット上では、添乗員のものとされるSNSの書き込みと一緒に、

「10月10日より当館の客室トイレのウォシュレット交換工事が行われます。そのため客室ベッドの下に交換用のウォシュレットを置かせて頂くお部屋がございます」

という内容の支配人名での張り紙の画像も拡散されている。問題の中国人客は、ユニットバスから便座を外したのではなく、交換用に保管されていた部品を持ち出したようだ。

   寧波市旅遊局の調査結果に対して

「噂では、これは誤報らしい」
「そんなこと聞いたことない」

といった書き込みが相次いでいる。中国のネット利用者からすれば、今回の事態はにわかには信じられない、といった様子だ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中