PPAP、早くも菓子パンで問い合わせ殺到 神奈川のメーカー販売開始

印刷

   謎の中年シンガーソングライター・ピコ太郎が歌う「ペンパイナッポーアッポーペン」(PPAP)に世界が熱狂する中、早くもブームに便乗した「パロディー商品」を発売する国内企業が現れた。

   それは、神奈川県藤沢市の長後製パンが製造する「パン・パイナッポー・アッポーパン」だ。同社が2016年10月20日に県内のある高校の購買に卸して販売を始めると、たちまちツイッターで大きな話題を呼ぶことに。長後製パンの担当者によれば、「反響の大きさを受け、急きょ21日から一般販売を始めました」という。

  • これがパン・パイナッポー・アッポーパン(画像は長後製パン提供)
    これがパン・パイナッポー・アッポーパン(画像は長後製パン提供)

パイナップルとリンゴが

   長後製パンの「パン・パイナッポー・アッポーパン」が話題を集めることになったのは、商品を卸した高校の生徒が20日にツイッターで紹介したことがきっかけだ。

   投稿者が「ウチの購買の新商品」とのコメントとともに商品の画像をアップロードすると、ツイートはたちまち大きな注目を集めた。翌21日の正午時点で2万4000回以上のリツイート、2万6000件以上の「いいね」を集めている。

   ツイッターなどには、

「素早い商品化。パン屋さんすごい」
「普通においしそうなんだけど...。食べたい」
「流行に全力で乗っかるスタイル、嫌いじゃない」

などと面白がる声が続出。そのほか、「絶対いろんなパン屋が作りはじめそう」といった声も出ていた。

   「パン・パイナッポー・アッポーパン」を考案した長後製パン営業部の担当者は21日のJ-CASTニュースに対し、

「ピコ太郎さんの『PPAP』が凄く話題になっているので、それをパンにしても面白いかなと思って開発しました。自家製の菓子パンの上にカスタードクリームを塗り、パイナップルと甘く煮たリンゴを乗せた『まさに名前通りのパン』になっています」

と話す。価格は170円(税別)だそうだ。

利益度外視、近いうちに販売終了予定

   この担当者によれば、「パン・パイナッポー・アッポーパン」は利益を度外視して作ったサービス商品。「高校生に面白がってもらえれば」という思いが開発のきっかけだったそうで、当初は取引のある高校の購買だけに卸す予定だった。

   だが、販売を始めた当日からネット上を中心に大きな反響を集め、店舗には問い合わせの電話が相次いだ。こうした状況を受け、翌21日に急きょ長後製パンが運営する「ロワール光月堂」でも販売を始めたという。

   担当者は取材の終わりに、

「あまりの反響にただただビックリしています。きょう(21日)は朝から取材の電話が鳴りやまない状況で、本当にここまで注目を集めることになるとは...」

とどこか怖々とした調子で話していた。

   このように、考案者も「予想外」の反響を広げている「PPAPパン」だが、あくまで高校生のために作られた「サービス商品」。そのため、時期は未定だが、近いうちに販売は終了する予定だという。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中