「くら寿司」、悲願の牛丼業界殴り込み 既存3大チェーンを食えるか

印刷

   回転すしチェーン「無添くら寿司」が牛丼業界に殴り込みだ。2016年11月4日から全国379店舗で販売を開始。一杯370円という専門店チェーンを意識した価格で「牛丼を超えた、『牛丼』」を謳っている。

   くらコーポレーションは6年間の研究開発を経た大型戦略商品と位置付けていて、「既存の専門店チェーンを食ってやる、そんな意気込みです」と語っているが、吉野家、松屋、すき家といった御三家にどこまで食い込めるのだろうか。

  • これが「無添くら寿司」の牛丼。370円(税抜)。
    これが「無添くら寿司」の牛丼。370円(税抜)。
  • 店の周りには牛丼発売を知らせる多数の幟が立っている。
    店の周りには牛丼発売を知らせる多数の幟が立っている。

6年前から研究開発を進めてきた

   J-CASTニュースは16年11月4日の午後3時過ぎに東京都武蔵野市にある店舗を訪ねてみた。店を囲むように牛丼の新発売を知らせる多数の幟が立っていて、その本気度がうかがえた。

   店に入ると時間帯もあって客はまばらだ。席に案内され牛丼とあさり汁(税抜180円)を注文した。この混み方ならば専門店チェーンなら牛丼はすぐに出て来るが、ここではなかなか来なかった。あさり汁が出てきた2、3分後に目当ての牛丼が登場。他チェーンに比べれば全体的にしっとり感がある分、躍動感に乏しいが、肉には高級感がある。口に入れると肉はホロリと溶けた。他の牛丼チェーンのものよりも、見た目も味も、蕎麦店や、少し高級な定食店で出されるものに似ていた。特筆すべきはあさり汁のうまさで、この値段でこの味とボリュームには恐れ入った。せっかくだから、寿司もつまもうと思ったが、牛丼とあさり汁でお腹が満足してしまったためやめることにした。会計は594円だった。

   帰り際に女性店員から、

「牛丼いかがでした?私はまだ食べてないんですよ」

と聞かれたので、

「専門店チェーンと比べて、寿司店ですから、高級感があっていいんではないですかね」

と答えたら「ありがとうございます!!!」と非常に喜んでいた。

   「くら寿司」を展開する「くらコーポレーション」に話を聞いたところ、同社ではラーメン、カレーといったサイドメニューを提供しているが、牛丼を出すのが悲願であり6年前から研究開発を進めてきた。シンプルなメニューだけに味の調節が難しく試行錯誤し、満を持して自信作が完成、提供にこぎ着けたと同社広報は説明した。

3カ月間で100万食の販売を計画

   その牛丼だが、牛肉は「最も牛丼にあう」赤みと脂身のバランスが絶妙な牛肉を厳選し、玉ねぎも同様の国産を使用。タレには7種類の魚介だしを使い、他チェーンのように食材は同時に煮込まずに、食材ごとに最も適した調理法を用いている、とした。「レトルトですか?」という質問には、「社外秘です」ということだった。今後の展開については、

「既存の専門店チェーンを食ってやる、そんな意気込みです」

と自信満々だった。今日から3カ月間で100万食の販売を計画している。

   さて、同店を迎え撃つ「御三家」はどんな感想を持っているのだろうか。吉野家ホールディングス広報は、

「回転すしチェーンですので、客層はかぶらないと思いますが、どんな影響が出るのかについての回答は持っておりません」

ということだった。松屋フーズ広報はこう話した。

「まず当社とは(駅前を中心とした)出店立地が異なりますから何とも言えません。ただし、郊外店舗もあるため、そこについての影響は考えなければなりません」

   「すき家」を展開するゼンショーホールディングス広報は、

「我々は牛丼を長い間に渡り啓蒙してきたわけですが、お寿司屋さんが牛丼に取り組むと聞いて、牛丼も国民食になったんだな、と嬉しくて感無量です。業績に関する影響については分析しようがありません」

ということだった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中