読売新聞の「ヒラリー大統領本」をネット告知 「投開票前にフライング」のナゼ

印刷

   「米国で、こんなに怒りや不満を抱え、『疎外』されていた人が多かったのか、と驚くばかりである」。大統領選でのドナルド・トランプ氏の勝利が決まってから1夜明けた2016年11月10日、読売新聞朝刊の1面コラムはそんな書き出しで始まった。国際部長の署名入りで、「大衆迎合で大国導けぬ」という見出し(東京最終版)だった。

   その読売新聞国際部が編纂し、刊行予定だった新刊書『ヒラリー、女性大統領の登場』(中央公論新社)が、大統領選の投開票日(日本時間8~9日)より数日前から、複数のインターネット書店のホームページに掲載・告知されていた。「大統領選の投開票は終わっていないのに、どうして」とツイッターなどに疑問の声が殺到。告知はすでに削除されている。

  • 2016年11月10日付の読売新聞朝刊
    2016年11月10日付の読売新聞朝刊

「米国初の女性大統領として登場したクリントン・ヒラリー」

   「幻」の新刊書『ヒラリー、女性大統領の登場』は、インターネット通販サイト「Amazon」や電子書店「honto」の「honto本の通販ストア」に掲載された。まだ大統領選の投開票が始まる前のことだ。掲載情報によると12月19日発売予定で、価格は1512円(税込み)。商品説明欄(現在は削除済み)には、

「2016年アメリカ大統領選挙はまれに見る劇場型選挙であった。それを勝ち抜いて米国初の女性大統領として登場したクリントン・ヒラリー。本書は刺戟と混乱に満ちた新大統領登場のドラマを徹底取材によって描出する」

と書かれていた。その上で、「日本のメディアではNHKと読売だけが許可されている『クリントン・プール』といわれる同行取材の成果をふんだんに織り込んでいる」ため、「重要な局面や日常的場面でのヒラリーの生の声もふんだんに盛り込んでいる」と説明。さらに、

「本書は、多様な情報をもとにヒラリー新政権の今後の人事動向や対日政策も分析しており、まさに決定版である」

ともうたっている。

「手続きのミスにより...」と回答

   インターネット書店のホームページには、いつから表示されていたのか。ツイッターでは、5日23時頃から「ヒラリー、女性大統領の登場」「読売新聞国際部」と書かれたAmazonのリンク付きのツイートが投稿され、

「読売新聞はクリントン当選に賭けたようだ」
「落選したらどうするの、この本」

という声が寄せられていた。

   その後、8日昼に該当ページは削除されたが、ツイッターを通じて「刊行」情報は拡散。9日夕、大統領選の開票の結果、トランプ氏の勝利が報じられると、

「赤っ恥ですなw」
「何で決まる前に販売の予告しちゃうんだよ」

という声が続出した。

   こうした経緯について、中央公論新社は10日、J-CASTの取材に対し、

「ヒラリー・クリントン氏が当選した場合、刊行を計画していたことは事実です」
「手続きのミスにより、刊行決定前にネット書店に書籍の情報が載ってしまった」

と説明し、「8日昼、削除を依頼しました」と明かした。

   一方、「いつから掲載していたのか」「トランプ氏が当選した場合に刊行する計画だった本はあるのか」との質問には、回答はなかった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中