ガガ大迷惑の日テレ「酷過ぎる」誤訳 「Love trumps hate」を「トランプ嫌い!」

印刷

   日本テレビの報道番組「news every.」で恥ずかしい誤訳があったとしてインターネット上で話題になっている。

   2016年11月9日の放送では、世界的人気歌手のレディー・ガガさん(30)がドナルド・トランプ氏(70)の米大統領選勝利を受けて行った抗議活動を取り上げた。

  • テロップが注目を集めたニュースの一場面
    テロップが注目を集めたニュースの一場面
  • 自身のインスタグラムに投稿したトランプタワー前での抗議写真(画像はレディー・ガガさん公式インスタグラムより)
    自身のインスタグラムに投稿したトランプタワー前での抗議写真(画像はレディー・ガガさん公式インスタグラムより)

「意訳しすぎて試験なら減点」「Loveの要素どこ」

   番組では、ガガさんがトランプ氏の住む「トランプタワー」の前に現れ、「Love trumps hate.」と書かれたプラカードを持って立つ様子を紹介した。

   「Love trumps hate.」は、対抗馬のヒラリー・クリントン氏(69)が選挙キャンペーンで使用したフレーズだ。意味は「愛は憎しみに勝る」――トランプ氏の名前と、「~に勝つ」「~を負かす」といった意味の動詞trumpをかけている。差別的な発言を繰り返すトランプ氏を皮肉った標語である。

   ところが、番組のナレーションでは「手に持ったプラカードに書かれていたのは、『トランプは嫌い』のメッセージ」と説明。その後、ガガさんが車の中から同フレーズを叫んだ際にも「トランプは嫌い!」とのテロップを表示した。

   これを受け、ネット上では

「trumpの意味くらい調べようね、日テレ」
「(三単現の)sがある時点で気づくべきだった」
「どんだけ馬鹿な誤訳なの?」
「Loveの要素どこいったんや」
「意訳しすぎて試験なら減点だと思います」

といったツッコミが相次いだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中