「自分の夫まで差し出す人間以下のやつ」 北朝鮮メディア、ノリノリで韓国攻撃

印刷

   韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の親友の民間人女性、チェ・スンシル(崔順実)容疑者をめぐるスキャンダルで窮地に追い込まれる中、攻勢を強めているのが北朝鮮のメディアだ。

   国営テレビでは女性アナウンサーが朴政権を「腐りきった汚物政権」呼ばわりし、朝鮮中央通信は「生ける屍同様の朴槿恵逆徒」と、独自の表現で批判を続けている。

  • 北朝鮮メディアは朴槿恵大統領への批判を強めている
    北朝鮮メディアは朴槿恵大統領への批判を強めている

テレビで「頭がおかしい女」「腐りきった汚物政権」

   今回のスキャンダルは、韓国の中央日報系のテレビ・JTBCが2016年10月24日、チェ容疑者のPCにあったとされるファイルの内容を報じて本格的に発覚。それ以前の段階でも、北朝鮮メディアは朴大統領を「逆徒」と呼び続けてきたが、それがさらに苛烈になりつつある。

   朝鮮中央テレビでは、11月1日に放送された時事解説の番組の中で、男性アナウンサーが朴大統領とチェ容疑者のことを

「2人の頭がおかしい女」

と表現。チェ容疑者については

「パククネに自分の夫まで差し出す人間以下のやつ」

とまでこき下ろした。別の日に放送された番組では、女性アナウンサーが、朴政権を

「腐りきった汚物政権」
「巨大なゴミ捨て場」

などと表現していた。

「支持率5%」を速報

   朝鮮中央通信も、今回のスキャンダルを活発に報じている。朴大統領の支持率が歴代大統領最低の5%にまで落ちたというニュースは、調査結果発表が発表された11月4日中に速報。

「南朝鮮の各界が民衆総決起を控えて朴槿恵退陣のための組織的闘争を展開」(11月11日)

などと抗議デモの様子も伝えている。

   特に際立つのが、11月12日に

「生き尽くした朴槿恵逆徒を相手にしては恥と汚名しか与えられない」

と題して配信した記事だ。北朝鮮外務省の軍縮・平和研究所研究者の声明を紹介するという体裁で、

「最悪の政治詐欺行為によって風前の灯火の境遇に瀕して今にでも政治的埋葬を避けられなくなった朴槿恵逆徒」

という長い枕詞で始まる。

「米国上司」は朴大統領を「苦いキュウリのように見ている」

   それによると、朴大統領が

「外国の賓客を座らせて、誰それの未来がどうの、制裁圧力がどうのという妄言を並べ立てた」

ことを「間抜けなたわごと」だと非難。このことが具体的に何を指しているかは明らかではないが、朴槿恵大統領は11月10日にカザフスタンのナザルバエフ大統領と会談し、韓国とユーラシア経済連合(EEU)の自由貿易協定(FTA)交渉の早期開始で合意している。この会談の場で、北朝鮮問題も話題になった。北朝鮮側は、このことを念頭に置いている可能性もある。

   今回のスキャンダルは「世界を驚愕させる特大型政治スキャンダル」で、

「南朝鮮人民に心から謝罪することのできる唯一の道は朴槿恵が今直ちに権力のポストから降りて罰を甘んじて受けることだけであると主張する民心をよそに回してみようとする逆徒の狡猾(こうかつ)な術策」

と非難し、矛先は韓国と協定を結ぶ相手国にも向けられた。

「これらの国が幾ばくかの金に誘惑されて、生ける屍同様の朴槿恵逆徒を訪ねて、彼女の妄言に相づちを打っていては恥だけをかくことになるであろう。今になっては米国上司も、生き尽くした朴槿恵逆徒を苦いキュウリのように見ている」
日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中