名門女子大「裏口入学」が致命傷 朴政権に若者の怒りが爆発した理由

印刷

   韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の友人、崔順実(チェ・スンシル)被告が国政に不正に関与していたとされる、いわゆる「スンシルゲート」問題は、チェ容疑者の家族にまで広がってきた。

   それがチェ容疑者の娘、チョン・ユラ氏をめぐる名門・梨花(イファ)女子大学校への「裏口入学」。このスキャンダルが噴出したのが、日本以上に大学入試が人生を決めるとされる韓国で、日本のセンター試験にあたる「大学修学能力試験」の実施直前だったこともあって、「親の権力やカネで買えないものはない」ことを見せつけられた若者の怒りに火をつける事態になっている。

  • 梨花女子大は韓国有数の「名門大学」として知られている
    梨花女子大は韓国有数の「名門大学」として知られている

OGには歴代ファーストレディーも

   梨花女子大は韓国では初めて設立された女子大で、金泳三、李明博といった歴代大統領の妻もOGに名を連ねる「名門」だ。チョン氏は元々声楽を勉強してきたが乗馬に転向。2014年のアジア競技大会で韓国代表に選ばれ、馬術団体戦で金メダルを獲得した。この実績をもとに梨花女子大に推薦入試で合格した。この経緯に、いくつもの疑問符がつけられている。

   14年4月の時点で、最大野党「共に民主党」の安敏錫(アン・ミンソク)議員が国会の場で、チョン氏が韓国代表に選ばれた背景には「大統領府の指示」があったと指摘している。これに加えて、高校の卒業要件をめぐる問題も浮上して。ハンギョレ新聞によると、チョン氏は高校3年生時の出席日数が足らず、留年するはずだったが、チェ容疑者が抗議したところ、乗馬協会が発行した公文書を根拠に卒業要件を満たすと判断された。11月18日には韓国の教育省も、入試の際にチェ容疑者に特別待遇があった、という調査結果を出した。

19~29歳の朴大統領の支持率は「1%」

   東亜日報が11月19日に掲載したコラムでは、こういった状況を

「入試のプレッシャーに押されている同い年の生徒たちが、血のにじむ日々を送っていた時、誰かは、『陰の実力者』である母親のおかげで、大学の関門を『フリーパス』した」

と指摘した。大学修学能力試験は11月17日に終わったばかりで、一部の受験生は「下野が始まった」と、デモに参加しようと意気込んでいるとコラムでは伝えている。

   コラムは

「権力や財力でできないことなどないということを見せつけた崔氏母娘、韓国社会に剥奪感や挫折感をつぎ込んだだけでも罪が重い」

と結ばれており、事件が残した傷は深そうだ。

   調査会社のギャラップ社が11月15~17日に行った世論調査の結果によると、19~29歳の朴大統領の支持率は1%。一時期の「ゼロ」は脱したが、依然として厳しい水準だ。

   チェ被告は11月20日に起訴された。検察は起訴状の中で、チェ被告と朴大統領が「共謀関係」にあったと指摘している。一度は検察の事情聴取に応じる構えを見せていた朴大統領だが、この起訴状で態度を硬化させている。事情聴取には応じない考えで、捜査は難航しそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中