あの「岩下の新生姜ペンライト」が巨大ツリーに 販売中止で抱えた在庫を「有効活用」

印刷

   漬物製造販売会社の岩下食品(栃木県栃木市)が運営する「岩下の新生姜ミュージアム」(同)に2016年11月23日、一風変わったクリスマスツリーが登場した。同社が以前に販売していたオリジナルグッズ、「岩下の新生姜ペンライト」を計660本組み合わせた巨大ツリーだ。

   このペンライトは、「岩下の新生姜」の形状を再現したデザインを売りに15年6月に発売されたが、太い棒のような形状が「意味深」だとして一部のアーティストやアイドルへの嫌がらせに悪用され、16年10月11日に販売を打ち切っていた。同社企画開発部によれば「在庫を有効活用するため」にツリーを制作したという。

  • ペンライト660本を組み合わせた「巨大ツリー」
    ペンライト660本を組み合わせた「巨大ツリー」
  • ペンライトは、その独特な形状で話題を集めた
    ペンライトは、その独特な形状で話題を集めた
  • 高さは3.9メートル
    高さは3.9メートル

ツリー全体がやさしいピンク色に...

   岩下食品は11月23日から、クリスマスイベント「New Ginger Christmas(ニュー ジンジャー クリスマス)」を開催している。その会場入り口付近に設置されているのが、全長35センチの新生姜ペンライトを計660本使用した、高さ3.9メートルの巨大ツリーだ。

   ツリーは細長く独特な形状の新生姜ペンライトを円柱状に組み合わせたもので、クリスマスリースや星型の照明などが飾られている。ライトを点灯すると、ツリー全体がやさしいピンク色に光るという。

   岩下食品企画開発部の担当者はJ-CASTニュースの11月22日の取材に対し、

「販売終了となったペンライトの在庫をどうにか有効活用できないかと考え、社員で相談してクリスマスツリーを制作することになりました。ご来場いただいたみなさまに驚いて、楽しんでいただければ幸いです」

と話す。制作は外注せず、社員自らが1本1本ペンライトを組み合わせて作ったという。

   ツリーの展示は、イベント実施期間の12月25日まで。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中