指原「なにごと やだ」 AKB48「紅白版『総選挙』」の戦々恐々

印刷

   2016年のNHK紅白歌合戦は、AKB48にとって初めて「大所帯」ではない形での出場になりそうだ。2016年11月24日に行われた出場者の発表で、特別企画として、出演メンバー48人を視聴者の投票で選ぶことも発表されたからだ。

   例年夏に行われる「選抜総選挙」の「紅白版」とも言えるが、今回はスマートフォンやデータ放送経由での投票だ。「選抜総選挙」と違って経済力に任せて大量投票することが難しいため、「紅白選抜」は、例年とは違った顔ぶれになる可能性もある。

  • 選抜メンバー48人は誰だ(写真は2015年の紅白歌合戦)
    選抜メンバー48人は誰だ(写真は2015年の紅白歌合戦)

「ためしてガッテン」準レギュラーはどう影響するか

   15年の紅白では、大阪を拠点にするNMB48とAKB48が出場していたが、名古屋・SKE48と福岡・HKT48が落選。16年はNMBも落選し「本店」AKBが残るだけになっていた。16年の紅白では、この「AKB48」の48人の枠を、AKB48グループ(AKB48、SKE48、NMB48、HKT48、新潟・NGT48)に所属する300人以上のメンバーが争う。

   企画は「夢の紅白選抜をみんなで選ぼう!」と題して、12月上旬に紅白のウェブサイトでメンバーが「今年叶えた夢」を発表。12月8日にアプリで投票が始まり、12月中旬の中間発表以降はデータ放送でも投票を受けつける。リハーサルが本格的に始まる12月29日に48人の選抜メンバー、31日の本番で順位が発表される。

   この知らせに、早くもメンバ-は色めきだっている。「選抜総選挙」では初の連覇を果たしたHKT48の指原莉乃さん(24)は、投票をニュースサイトで知ったといい、泣き顔の絵文字つきで

「なにごと   やだ」

とツイート。怒り顔の顔文字で

「ちゃんとした文章を運営からこちら側に送ってくれないとみんな詳細わからないし、コメントに困るよね」

と続け、困惑を隠さなかった。指原さんはCDの大量購入による得票が望みにくくなるが、16年4月から「ためしてガッテン」に事実上の準レギュラーとして出演しており、NHKの視聴者にとって知名度の高さは圧倒的だ。NHKが番組の中で投票の告知をするほど、ファン以外の一般視聴者からの投票が見込める可能性もある。

グループごとの勢力図はどうなる

   SKE48の松井珠理奈さん(19)はSKEが単独での紅白出場を逃したことを「悔しいなぁ」と嘆きつつも、笑顔の顔文字で

「じゃあ、全員SKEってこともありえるのか、、、、」

とツイート。

「びっくりしたけど、48グループしかできない試みだと思うから、私は楽しみたいです」

と意気込んだ。16年の「選抜総選挙」の上位48人の顔ぶれは、AKB20人、SKE8人、NMB7人、HKT12人、NGT1人。投票方法が変わることで、地域別の勢力がどう変化するかも注目だ。

   16年いっぱいでAKB48を卒業する島崎遥香さん(22)も、

「最後のアイドル人生、この舞台で終止符を打てたら本望です」

と投票を呼びかけた。

総選挙「不出馬」メンバーも「紅白出たい...!!!」

   「80位圏外」「不出馬」組も意欲を見せる。16年の総選挙で87位だった大家志津香さん(24)は、

「年末実家で紅白見る切なさすごそう。笑   なにより、そんな理由で何年かぶりに年越しを実家で過ごせる娘を見る両親がツラそう。笑」

とプレッシャーを感じながらも、その後のツイートで気を取り直した。

「でもこんな、なんの実績もないクソ高卒素朴顔が紅白に出れるかもしれない!っていう可能性が少しあるってだけで めッッッちゃくちゃすごい事よね」

   16年は不出馬だった竹内美宥(みゆ)さん(20)も

「今まで闘志を燃やしてるということを表に出したくなかったけど、今回ばかりはそうは言ってられない...。紅白出たい...!!!」

と意欲を見せていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中