チェーンソーでスタッフ威嚇する動画 「配達員気の毒すぎる...」

印刷

   ヤマト運輸の配達員に怒り、ユーチューバーを名乗る男性が三重県内の営業所に乗り込んでチェーンソーのスイッチを入れ、自らその動画を配信していたことが分かった。ヤマト側は、J-CASTニュースの取材に対し、そうした事実を認め、警察に相談していることを明らかにした。

   「これは逮捕だろ?」「配達員気の毒すぎる...」。動画のことが情報サイトで2017年1月4日に取り上げられると、ネット掲示板では、こんな声が相次いだ。

  • こんなものを目の前で回されたら…(写真はイメージ)
    こんなものを目の前で回されたら…(写真はイメージ)

動画はすでに削除

   中日新聞の5日付記事などによると、ヤマトの配達員が男性の自宅に電話をかけ配達時間を伝えていたが、配達員が荷物を持って訪れると男性は不在だった。男性の家族はいたが、代引きのお金がないとして引き取ってもらったという。

   ところが、男性は、「客は俺や」などと激怒し、16年11月上旬の早朝、家族と連れ立って、三重県伊賀市のヤマト運輸伊賀阿山センターに押しかけた。男性は、上半身裸の姿でチェーンソーを持っており、配達員とは違うスタッフが戻ってくると、「はよ、荷物出さんかい」などと罵倒した。スタッフは謝罪したものの、男性の怒りは収まらず、その場でチェーンソーのスイッチを入れた。

   さらに、「ユーチューバーなめとったらあかん」「全世界配信やぞ」などと叫びながら、再びスイッチを入れた。スタッフが倉庫から荷物を持ってくると、男性は、受け取ったうえで最終警告だとスタッフに告げた。

   この動画は、1月5日現在までには削除されていた。スマートフォンで撮ったとみられるが、撮影者は不明だ。ヤマト運輸は5日になって、伊賀署に被害届を提出した。男性は、20代後半とみられ、伊賀署は、脅迫や威力業務妨害などの疑いで捜査していると報じられている。

警察に相談している

   男性は、長距離トラックの運転手をしながら、有名ユーチューバーをまねて8年前から自らも動画の投稿を繰り返していた。実名で投稿していたとみられ、動画は1000本ほどもあり、1万人近い登録ユーザーがいる。

   最近の動画を見ると、16年12月31日には、缶に大量のライターなどを使って火を点け、「爆発実験」の様子を公開していた。また、17年1月1日には、山間地の沢を単身で下って、自ら寒中の滝打ちをするシーンも撮っていた。

   今回の動画がネット上で騒ぎになると、男性はツイッターで、家族もその場におり、本気でチェーンソーを回していないのは分かるはずだなどと反論した。現在は、ツイッターも非公開になっている。男性は5日夕になって、ユーチューブ上で「謝罪会見」と題した動画をアップし、「多数の方にたくさんのご迷惑をかけてしまった」として深々と頭を下げた。深く反省しており、自らはいかなる処罰も受ける覚悟だとしている。

   ヤマト運輸の広報では5日、営業所でチェーンソーを回されたのは事実だとして、警察と相談していると取材に答えた。トラブルの詳細については、「捜査に関わりますので、回答を控えさせて下さい」と話している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中