藤井隆の「殺すぞツイート」対応に称賛 ファン「品格に感銘」

印刷

   タレントの藤井隆さんが、自身のツイッターに寄せられた「殺すぞ」ツイートに不快感を表している。

   「公式とさせて頂いてる場で余計な事をつぶやくつもりも無いので最初で最後にします」――。2017年1月11日未明、こう前置きした上で、問題のツイートをしてきた人物に語りかけるようにツイッターで発信した。

  • 「殺すぞ」という投稿に反応した藤井さん(画像はツイートのスクリーンショット)
    「殺すぞ」という投稿に反応した藤井さん(画像はツイートのスクリーンショット)
  • 大倉孝二さんも藤井さんのツイートに反応(画像はツイートのスクリーンショット)
    大倉孝二さんも藤井さんのツイートに反応(画像はツイートのスクリーンショット)

「品のない言葉に慣れるつもりない」

   藤井さんは「殺すぞ なんて一文を親や家族がそばにいる時に目にする悔しさ」と、問題の投稿を見つけた時の状況を振り返り、

「スルーが良しだそうですが、そんな品のない言葉に私は慣れるつもりもないですし充分こちらは嫌な気分になっておりますので大成功なさってるんですね」

と、ツイート主に皮肉を交えてコメントした。さらに、

「皆さんに好意を持って頂きたいなんておごりもないので読ませて頂きますが、わざわざありがとうなんて思わないですし、送信元を可哀想な人とも思わないです。同じ身分なので」

としつつ、

「ところが私はそこまでお人好しでもないので違う言葉で念を送っておきます。適当に言葉を使うなら適当にあしらわせて頂きます」

と、自分なりのやり方で、「殺すぞ」という言葉に対処していることを示した。

   最後には、

「本来、楽しいはずのものを楽しめなくなるなんて私の本意では無いので。下品な言葉に心を支配される必要も無いので。ツイッターが嫌いにならないように、努めて軽くあしらいます」

と静かな怒りを込めながら、「大切したいお悔やみもつぶやきたくないこの場から今夜は大変失礼しました」(原文ママ)と結んだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中