沖縄基地反対派から「虚偽報道」指摘 MXテレビ「ニュース女子」は抗戦の構え

印刷

   沖縄・米軍基地の反対派を批判的に取り上げたTOKYO MXテレビなどでの番組「ニュース女子」に対し、反対派とされた市民団体がフェイスブックなどで猛抗議し、ネット上で論議になっている。

   ニュース女子は、CS放送チャンネル「DHCシアター」で週1回放送され、MXテレビでは、月曜日の夜に流されている。東京新聞論説副主幹の長谷川幸洋さん司会の下で、識者らにニュースを解説してもらい、女性タレントにも意見を言ってもらうのがスタイルだ。

  • フェイスブックでMX番組に抗議
    フェイスブックでMX番組に抗議

5万円支援のチラシ示し、「反対派に日当か」

   2017年1月2日のMXテレビ放送では、沖縄・高江の米軍ヘリパッド建設を巡る反対派の動きがニュースに取り上げられた。まず、軍事ジャーナリストの井上和彦さんが16年12月に沖縄に行って取材してきたことについて、「マスコミが報道しない真実」として報告した。

   井上さんは、現場を訪ねようとしたが、「カメラを向けると凶暴化する」「襲撃される」と周囲から中止を求められたという。それでもディレクターだけが車で行って、そっとカメラを出したところ、反対派の車から挟み撃ちにされ、危険だと判断して中止にした。車が足止めされると、工事用トラックが入れなくなることも考慮したという。

   その後は、地元の住民らにインタビューし、反対派への不満を紹介した。井上さんは、「救急車を止めたという話もある」「テロリストみたいだね」と感想を話すと、取材に応じた男性も同意していた。

   また、井上さんは、ヘイトスピーチなどに反対している市民団体「のりこえねっと」のチラシも示した。そこには、ヘリパッド阻止に向けた市民特派員を募っており、「往復の飛行機代相当、5万円を支援します。あとは自力でがんばってください!」とあった。さらに、普天間基地周辺で見つけたという茶封筒に「2万」などと書かれていることを示し、反対派は何らかの組織に雇われており、日当をもらっているのではないかと疑問をぶつけた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中