三浦朱門さん死去91歳 妻は曽野綾子さん

印刷

   作家の三浦朱門(みうら・しゅもん)さんが2017年2月3日、肺炎のために亡くなった。91歳。

   1950年代前半には、妻の曽野綾子さん(85)や、阿川弘之さん、遠藤周作さん、吉行淳之介さんらとともに「第三の新人」として活躍した。

   三浦さんは1951年、『冥府山水図(画鬼)』で文壇デビュー。67年に『箱庭』で新潮社文学賞、83年に「武蔵野インディアン」で芸術選奨文部大臣賞を受賞した。日本大学芸術学部教授などを経て、99年には文化功労者に選ばれている。

   85年からは文化庁長官に1年半就任、96年から2年間務めた教育課程審議会会長の在任期間には、「ゆとり教育」を進める学習指導要領づくりにも携わった。2004年から14年までは日本芸術院院長を務めた。

   曽野さんとの共著もあり、近年では14年に『夫婦のルール』、16年に『我が家の内輪話』を発刊している。

  • 夫婦での共著も(画像は『愛蔵版 我が家の内輪話』)
    夫婦での共著も(画像は『愛蔵版 我が家の内輪話』)
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中