難しい糖尿病の根治につながるか インスリン分泌細胞の再生に成功

印刷

   糖尿病は根治が難しい病気だが、東北大学の研究チームが糖尿病のマウスに「マイクロRNA」という核酸を注射し血糖値を下げることに成功した。

   血糖値を下げるインスリンを分泌する、すい臓の細胞組織が再生された。根治につながる治療法の開発が期待されるという。研究は医学誌「EBioMedicine」(電子版)の2016年12月7日号に発表された。

  • 糖分厳禁の食事制限にサヨナラできる?
    糖分厳禁の食事制限にサヨナラできる?

マウス実験では健康状態レベルまで回復

   東北大学が2016年12月15日に発表した資料によると、糖尿病は血糖値をコントロールするホルモンであるインスリンの分泌や、インスリンに対する感受性が低下することで引き起こされる。すい臓にはインスリンを分泌する働きがある「β(ベータ)細胞」という組織があるが、何らかの理由でβ細胞が減ると十分なインスリンを分泌できなくなる。しかも、いったん減ったβ細胞を再生させることは非常に難しく、糖尿病の治療を困難にしている。

   同大の山田哲也准教授らのチームは、白血病の治療に行なわれる骨髄移植がβ細胞の再生を促進することに注目した。骨髄細胞の成分がβ細胞を再生させていると考え、「マイクロRNA」という核酸の中の2種類にβ細胞を再生させる働きがあることを突きとめた。

   この2種類の「マイクロRNA」を糖尿病のマウスに注射すると、注射をしなかった糖尿病マウスに比べ、血糖値が約4割下がり、インスリンの分泌量も2倍に増加、健康なマウスのレベルに近くなった。また、すい臓組織を顕微鏡で調べると、β細胞が増殖していることを確認できた。

   今回の成果について、山田准教授らは発表資料の中で「マイクロRNAの投与によってβ細胞を初めて再生することに成功しました。糖尿病の根治につながる治療法の開発に貢献するため、さらに研究を進めます」とコメントしている。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中