睡眠不足になると太る理由が判明 「脳が無性に甘い物を欲しがる」

印刷

   睡眠不足になると肥満になりやすいことは知られている。無性に甘い物を食べたくなるからだが、そのメカニズムはよくわかっていなかった。

   筑波大学の研究チームが、マウスの実験から浅い眠り(レム睡眠)の減少が甘い物の過剰摂取に関係していることを突きとめ、英科学誌「イー・ライフ」(電子版)の2016年12月6日号に発表した。しっかり眠ることがダイエットの基本のようだ。

  • 寝不足は太るニャ~
    寝不足は太るニャ~

浅い「レム睡眠」が肥満のカギを握る

   睡眠には「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」がある。「レム睡眠」は「ぐったり睡眠」とも呼ばれる浅い眠りで、体は深く眠っているのに脳は活発に活動している。夢を見るのはこの睡眠の時だ。一方、「ノンレム睡眠」は「ぐっすり睡眠」とも呼ばれる深い眠りで、体も脳も休んでいる。人間は眠っている時に「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」を繰り返しているが、睡眠不足の人は「レム睡眠」が足りない人に多いといわれる。

   筑波大学の発表資料によると、研究チームは、マウスの「レム睡眠」だけを減少させる装置を実験に使った。マウスの飼育ケースの底に金網を敷いた不安定な状態にすると、レム睡眠が特別に減る現象を利用し、睡眠不足のマウスを作った。そして様々なエサを選ばせたところ、通常のマウスに比べ、砂糖の主成分のショ糖が多い甘いエサや高脂質のエサを約3~5割多く食べた。

   次に、遺伝子操作によって、味や香りを判断する脳の前頭前皮質の働きを抑えたマウスを作り、同様に睡眠不足にさせて実験を行なった。すると、通常のマウスに比べ、高脂質のエサは約3割多く食べたが、甘いエサの量は増えなかった。このことから、睡眠不足の状態にある時、体重を増加させる甘い食べ物を無性に食べたくなる欲求は、前頭前皮質が直接担っていることが判明した。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中