ブラジャーを長く着けると乳がんになるってホント?

印刷

   女性の乳房に関する多くの都市伝説の中でも、最も怖いのは「ブラジャーを長時間着けていると乳がんになりやすい」というものだろう。

   ノーブラの人に比べ、夜寝る時も含めて24時間着けると、乳がんになるリスクが何と125倍にもなるという説が広がっている。本当だと怖すぎるが......。

  • 「ブラジャーの着け方こそが重要なのだよ」(イラスト・サカタルージ)
    「ブラジャーの着け方こそが重要なのだよ」(イラスト・サカタルージ)

ブラを着けない先住民には乳がん患者がいない

   この都市伝説は出所がはっきりしている、多くのメディアが報道し一気に広まるきっかけになった本がある。1995年に米国のシドニー・シンガー&ソマ・グリスメイジャー夫妻が共同執筆した『Dressed to Kill:The Link Between Breast Cancer and Bras』だ。ただし、断っておくと、彼らは医師でもがんの研究者でもない。サイエンスライターだ。本も論文ではなく、ノンフィクションとして発表された。しかし、当時の英文書評やワシントンポスト紙2014年10月26日付記事などのメディア報道を読むと、衝撃的な内容だ。かいつまんで紹介しよう。

   (1)乳がんは、近代になり女性がブラジャーを着用する文化を発達させた先進国に多くみられるようになった。たとえば、ブラジャーを着けるようになったニュージーランドの先住民(マオリ族)は欧州と同じくらい発症率が高いが、今でもブラジャーを着けないオーストラリアの先住民(アボリジニ)の女性は、ほとんど乳がんにかからない(発症率は男性並み)。

   (2)2人は、ブラジャーがリンパ系を締め付け、発がん性のある毒素が乳房内に滞留するため、乳がんを発症させるという仮説をたてた。リンパ系は体内から老廃物や毒素を取り除く働きをする。多くの毒素は体脂肪内に蓄積するため、大部分が脂肪組織の乳房は毒素がたまりやすい。ブラジャーによってリンパ系の毒素排除機能が妨げられ、乳房にたまった毒素が正常な細胞をがん細胞へ変えてしまう。

   (3)2人は、実際に米国の5大都市を訪問、乳がん患者2056人と乳がんではない2674人の合計4730人の女性からアンケートをとった。そして、ブラジャーの使用状況を聞き、着用時間と乳がん発症率の関係を調べた。すると、いつもノーブラの人に比べ、1日12時間ブラを着ける人は発症率が約25倍、24時間着ける人は約125倍に上昇した。

   (4)2人は、医療界は自分たちの主張が正しいか間違っているか、科学的に評価するためにさらなる研究を行なうべきだと訴えた。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中