新卒採用に「ゲーミフィケーション」取り入れたベンチャー企業

印刷

   学生の大手企業志向が続く中、各ベンチャー企業は有能な人材獲得にユニークな工夫を凝らしている。東京・渋谷のボヤージュグループが、いま流行の「ゲーミフィケーション」を取り込んだ新卒採用試験をすると聞き、取材させてもらった。

   ゲーミフィケーションとは、簡単に言えば「遊びや競争といったゲームの要素」を取り入れること。緊張度の高い、堅苦しいイメージのある採用試験と、ゲームをどのようにミックスするのだろうか。

オフィスを使って学生たちが「宝探し」

学生に配布される「茶色い本」(上)と、社内に貼られた「ヒント」
学生に配布される「茶色い本」(上)と、社内に貼られた「ヒント」

   今年の新卒採用は「時空に眠る大陸の秘宝」と名づけられている。休業日の土曜日に、東京・渋谷にあるボヤージュグループのオフィス全体を使って、学生たちが「宝探し」をするのがその内容だ。

   「宝探し採用」に駒を進めたのは、3000人を超える応募から書類選考を通過した、およそ1000人。取材した日は、およそ100人の学生が参加していた。会社からは「動き回るので私服でOK」と連絡が来ていたらしく、リクルートスーツはひとりもいない。

   最初に、航海をイメージしたコスチュームの人事担当者が登場。「宝探し」の概要を説明すると、3人から4人のグループを編成する。学生たちは初対面にもかかわらず、すぐに打ち解けて和気あいあいと話している。これがいまどきの若者か!と感心してしまった。

   彼らはオフィス内に散りばめられたキーワードを拾い、クロスワードパズルを解きながらゴールを目指す。ヒントを探しに、すぐに行動を開始するグループもいれば、テーブルを囲んでしばし熟考するグループも。課題への向き合い方に個性が出ている。

   制限時間は70分と、長いようで短い。あちこちのグループから「分かった!」と歓声が上がる。共同作業を通じてメンバーの絆が深まる。暗証番号を割り出し、茶色い本にかけられた鍵を開くと…。この先は、選考がすべて終了していないので書くことができない。

   「社員でも簡単には解けない」という難問だったが、最終的に2グループが解読に成功、社員を含む参加者たちから大きな拍手が贈られていた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中