「浜ちゃん」もいいんじゃない 後悔しないサラリーマン人生を考えよう(江上剛)

印刷
「管理職に、と打診され戸惑っています。業績に責任を持たされ、部下の面倒も見なければなりません。ヒラのまま気楽に勤められればそれでいいと思うのですが、わがままでしょうか」

   漫画「釣りバカ日誌」の「浜ちゃん」みたいな人だね。いいんじゃないですかね。ヒラのままで気楽に勤務できれば最高ですね。

  • 「浜ちゃん」みたいな生き方もアリ!
    「浜ちゃん」みたいな生き方もアリ!

優秀なセールスマンが「転落」したきっかけは?

   私の知り合いのご主人が、とても優秀なセールスマンだったのだけど、ある日、課長になった。

   それからは一気に転落の人生。うつ病、引きこもり、自殺未遂と、本人も家族も悲惨な事態になった。

   その原因は、おそらく彼が課長という管理職に不向きだったことだよ。数人の部下を持たされたのだけど、この部下が思うように働かない。成績も上がらない。どうして自分のようにできないんだとイライラする毎日。最初は、我慢していたのだけど、そのうち我慢の限界に達して、部下の仕事を取ってしまうことになった。

   そうなると、部下はますます働かない。課の成績は下がり、上司に叱られることが多くなった。

江上 剛
江上 剛(えがみ・ごう)
作家。1954年兵庫県生まれ。早稲田大学卒業後、第一勧業銀行(現・みずほ銀行)入行。同行築地支店長などを務める。2002年『非情銀行』で作家としてデビュー。03年に銀行を退職。『不当買収』『企業戦士』『小説 金融庁』など経済小説を数多く発表する。ビジネス書も手がけ、近著に『会社という病』(講談社+α新書)がある。
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中