「草なぎ裸事件」 SMAPの存在感との関係

印刷

<1年前のワイドショー通信簿>2009年4月23日、SMAPの草なぎ剛が公然わいせつの疑いで現行犯逮捕された。酒に酔い、東京都内の公園で裸になって騒いでいた。

   「『草なぎ剛、逮捕しなくても』と鳥越~」(スパモニ、4月23日)、「草なぎ剛『逮捕』報道 大ニュースか騒ぎ過ぎか」(朝ズバ、4月24日)、「総務相『草なぎ批判』に小倉異論~」(とくダネ、4月24日)などが取り上げた。

   朝ズバ通信簿は、司会のみのもんたのコメントを紹介した。みのは、お花見の時期には裸になっても注意されるだけだと指摘。今回逮捕に至ったことについて「存在感がそれだけ大きいということでしょうかね~。ま、若気の至りということで」とまとめていた。

   草なぎは09年5月末、復帰会見を開いてテレビ出演などを再開した。

(テレビウォッチ編集部)
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中