鶴指真澄市議シドロモドロ「同性愛は深く知らない。思いつきで」酔って本音

印刷

   「同性愛は異常だ」とツイッターに書き込んだ神奈川県海老名市の鶴指真澄市会議員(71)がおととい10月29日(2015年)、相次ぐ批判を受けて10時間後に削除した。鶴指は同性愛について「生物の根底を変える異常動物だということをしっかり考えろ!」「異常人間が多くなれば人類の破滅」などと書いた。

   きのう30日、フジテレビが本人の自宅の前で聞くと、「このたびの掲載は大変皆さんにご迷惑をお掛けしたことを大変申し訳ないと思っています」と低姿勢で謝罪した。同性愛者については「あんまり深く知らない。普段は個人の自由ですから自由ということで、それ以上のことは考えてないです」

   書き込みした理由は「単純にほんのぱらっとした思いつきでやってしまったということです。思いつきっていうか、読んだ文章を読んだ感覚で...」

選挙チラシには「豊富な社会経験と幅広い知識」

   司会の小倉智昭「こういうのをシドロモドロというんですね。まあ、酔っ払ってつい書いちゃったということなんでしょうが、日ごろ屈折していたものを吐き出したんじゃないですか」

傷ついた人多い

   鶴指は銀行員を経て議員になり、先月15日(2015年11月)に3期目の当選したばかり。銀行経験者らしく実直そうに見える。選挙のチラシには「安心して議員をまかせられる人物です。豊富な社会経験と幅広い知識を持っています」とあった。

   キャスターの菊川怜「傷ついた方がたくさんいらっしゃると思いますよね」

   小倉「最近は、世の中でも認めようという動きがあるわけですからね」

   それにしても、お粗末な議員だ。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中