フィリピン買春1万2600人の中学校長「初公判」いまは年金生活でそんなカネない

印刷

   フィリピンで13歳から70歳までの女性のべ1万2600人を買春していた横浜市の元中学校長、高島雄平被告(65)の初公判がきのう17日(2015年12月)、に横浜地裁であった。高島は「思い出として記録する性癖がある」と述べ、アルバムなど410冊を家族と同居する自宅の押し入れに保存し、通し番号もつけていた。「70歳で処分しようと思っていた」という。

検察「再犯の可能性あり」と」求刑2年

   公判では「もうやらないか」と問われて、高島は「はい」と答えたが、あきれるのはその理由だ。「今は年金生活で、家のローンもあるので余裕がない。気力や体力もなく、外見も年寄りで魅力がないので、そんな気持ちになれない」と話した。

tv_20151218115041.jpg

   検察側は「被害は重大で再犯の可能性もある」として、懲役2年を求刑した。弁護側は「写真を売るなどはしておらず悪質ではない。反省し、ボランティアをしたいとも言っている」と情状酌量を求めた。判決は25日に言い渡される。

   司会の小倉智昭「あのね、1万2000人も買春して何が深く反省してるですか。費やした金額を考えれば、ローンなんか完済している。一般の人と教育者で判決に違いがあっても当然ではないのかなあ」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中