サッカー代表・宇佐美貴史「クリスマスイブに長女が生まれました」 天皇杯でゆりかごパフォ期待の声

印刷

   サッカーJ1・ガンバ大阪所属の日本代表フォワード・宇佐美貴史(23)は、長女が誕生したと12月25日(2015年)にブログで報告した。

「昨日24日クリスマスイブに無事長女が生まれました。母子ともに健康です。精一杯頑張って娘を産んでくれた嫁さんに。生まれてきてくれた娘に心から感謝です」

   子どもを抱いた写真を載せ、これからは「嫁さんにとっては良き旦那。娘にとっては良き父親になれるように頑張っていきたいと思います」と語る。

   ガンバは26日、天皇杯の準々決勝を迎える。ファンからは「明日は是非、宇佐美選手自身のゴールでゆりかごパフォーマンスしてくださいね」と、得点を期待する声が続々と上がっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中