春は腰痛の季節・・・患者3倍!寒暖差、急な運動、環境変化、花粉症

印刷

   司会の夏目三久が「腰痛の人は?」と聞くと、コメンテーターの野村修也(中央大法科大学院教授)、スポーツ担当の石井大裕アナが次々と手を上げた。春は腰痛の季節という。「春腰痛」という言葉があるほどで、今ころになると痛みに耐えられず整骨院に駆け込む患者が3倍に急増するという。なぜ多いのか。

爪先立ち上下運動で予防

   春腰痛の原因は4つある。まず春先の寒暖差。日中は暖かくても夜冷えると血流が悪くなり、腰痛を引き起こす。2つ目は暖かくなって急に運動を始めるため。冬の間の筋力低下で体が耐えられず腰にくる。

腰痛あります?

   3つ目は卒業、入学、入社、人事異動などさまざまな環境変化でストレスがたまり、自律神経が乱れる。4つ目は花粉症。くしゃみや鼻をかむときに腰にガクンと来るのだ。

   予防するにはどうしたらいいか。医学博士で健康科学アドバイザーの福田千晶医師は「風呂に入るなどの温活のほか、爪先立って上下運動をすると、第2の心臓と言われるふくらはぎの血流を促し効果があります」という。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中