ホリエモン、ネットTVの「自粛ムード」にイライラ 「おめーらが自粛したところで被災者が助かる訳ではない」

印刷

   実業家・堀江貴文が4月16日(2016年)、インターネットテレビ局「Abema TV」で放送予定だった出演番組が、熊本の地震をうけて放送延期となったことに関し、ツイッターで怒りをぶちまけた。

   同局の公式ツイッターアカウントは同日、17日18時半から生放送される予定だった「坊主麻雀」「裏ではリアル脱衣麻雀SP!!」の放送延期を発表している。

   堀江はこの決定について

「熊本の地震への支援は粛々とすべきだが、バラエティ番組の放送延期は全く関係無い馬鹿げた行為。人のスケジュールを押さえといて勝手に何も言わずキャンセルするとはね。アホな放送局だ」

と激怒。放送延期を伝える同局公式アカウントのツイートに「おめーらが自粛した所で被災者が助かる訳では無いんだがね」と皮肉交じりに返信した。

   一方、同局を運営するサイバーエージェントの藤田晋社長は16日、

「地震の被害の大きさを鑑み、本日と明日予定してました生放送のAbemaTV開局特番『坊主麻雀』、『帰れま10』を延期することを先ほど決定しました。楽しみにしていた皆さま申し訳ありません。また日を改めて企画します

と延期理由や視聴者に対する謝罪の言葉をツイートしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中