林家たい平「残念だが受け入れなければ」 桂歌丸の笑点勇退に思い語る 

印刷

   落語家の林家たい平(51)が、「笑点」勇退を発表した桂歌丸(79)への思いを、5月2日(2016年)にブログで語っている。歌丸は大喜利コーナーの収録中に発表したが、その時のことをたい平は「会場にいらしたお客様は信じられないのと びっくりし過ぎたのとで 悲鳴やため息、言葉にならない声が 会場にどよめきのように拡がりました」と振り返っている。

   勇退の決断を「本当に残念でなりませんが受け入れなければいけません」とし、歌丸本人もさみしいと語っていたと明かす。林家こん平(73)の代理を経て、たい平が正規メンバーになったのは、歌丸の司会就任と同じ2006年。この10年間を「私の未熟な解答をすべて受けていただき 優しい配慮で引っ張りあげて下さいました」と回顧している。

   これから歌丸は「終身名誉司会」となる。「生涯落語家 ・桂歌丸師匠の背中を見て精進して参ります」といい、楽屋や舞台裏で撮影した歌丸の写真を掲載している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中