保育園児「暴行・放置死」園長初公判!乳幼児を毛布でぐるぐる巻き

印刷

   おととし2014年7月、保育園児を虐待して死亡させたとして保護責任者遺棄致死と暴行罪に問われた宇都宮市の私設保育園長、木村久美子被告(59)に対する初公判がきのう6日(2015年6月)に宇都宮地裁で開かれた。当時9か月の山口愛美利ちゃんが高熱を出していたのに放置した疑いが持たれている。

法廷でも被害児母親と目を合わせず

   保育園のスタッフによると、乳幼児を毛布でぐるぐる巻きにしてヒモで縛り、保護者には見せないようにしていたという。スタッフの人数が足りないと言われると、木村は「いくらかかると思っているの」と叱責し、金への執着も浮き彫りになった。夏もエアコンをつけず、「自然の風にあてるのがいい」と話していたという。

加藤:普通じゃない

   公判を傍聴した阿部祐二リポーター「5時間の公判中に、被告が視線を上げたのは2回だけでした。被害幼児の母親と1メートルの距離になっても、顔をあ合わせないし頭を下げることもしませんでした」「母親は娘は被告に殺されたのです。嘘ばかり言っていましたと訴えていました」

   司会の加藤浩次「未認可保育所がすべてこうではなありません。ここは普通じゃない」

   木村は暴行は認め、保護責任者遺棄致死容疑は否認した。判決は来週言い渡される。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中