スピルバーグとディズニーのファンタジー大作「日本の皆様の心に響くはず」

印刷

   スティーブン・スピルバーグ監督がディズニーと初タッグを組んだ映画「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」のUSプレミアがきのう22日(2016年6月)、アメリカ・ロサンゼルスで行われた。ロンドンを舞台に、主人公の少女ソフィーとやさしい巨人との奇妙な友情を描いたファンタジーで、スピルバーグの代表作の「E.T.」を手がけた脚本家や作曲家などのベテランのスタッフが集結しているという。

映画ライターのよしひろまさみち「本気出してる」

   映画ライターのよしひろまさみちは「みなさんが期待するファンタジー大作を持ってきたということで、これはスピルバーグが本気出してくるのが見える」と注目している。

   スピルバーグは「とくに日本の皆様の心に響くようにつくりました」と語っているという。ホントかな。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中