看護婦たちのトラブル上層部は放置?「大口病院」奇っ怪過ぎる「患者連続殺人」

印刷

   神奈川県横浜市にある「大口病院」は呪われた病院なのか。2人の高齢患者が点滴に消毒液を混入されて死亡したが、2人が入院していた4階は、この事件とは関係ないかもしれないが、7月(2016年)からだけでも48人が次々に亡くなっているという。

   <「元々ここは終末期医療を中心とした病院で、その中でも4階は重篤な患者さんが入っていた病棟だから仕方ない面もあるのですが」(週刊新潮で大口病院に勤務する看護師)>

   406号の大部屋にいた八巻信雄さん(88)の容体が急変したのは9月20日の午前4時前頃。看護師が八巻さんの点滴を最後に替えたのは19日の午後10時頃で、アラームが鳴る1時間ほど前にバイタルチェックしたときは心拍数も血圧も正常だったと病院関係者が話している。

   神奈川県警が司法解剖したところ、体内から界面活性剤が検出され、死因は中毒死であった。捜査を進めている最中の26日に、同じ部屋にいた西川惣蔵さん(88)も同じように中毒死したのである。

   週刊新潮によると、業者から納入される点滴の管理は厳重ではなく、犯行に使われた消毒液の主成分として使われる「逆性せっけん」の保管はいうまでもない。そうすると、<「点滴袋とチューブの結合部分のゴム栓に注射針を刺して消毒液を注入した可能性が高い。となると、やはり内部の人間の犯行を疑うしかない」(警察関係者)>ということのようだ。

   週刊新潮は、寝たきりの患者間のトラブルは考えにくいから<「看護師にしかできないんじゃないか」(病院の看護師)>と見ているようである。ここでは、4月から介護師のエプロンが切り裂かれたり、医師の机からカルテが抜き取られたり、8月には女性看護師がペットボトルの飲料を飲もうとしたら異臭に気がつき、調べたところ上部に注射針程度の穴が開いていたこともあったという。

   病院側はこうした事実を警察に届けていなかった。ところが、奇っ怪なことに、これらのトラブルを横浜市にメールで「告発」した『男性』がいたというのだ。この男は9月20日の事件も横浜市に通報しているのだ。週刊新潮によれば、告発者は分かっているという。<「彼の妻が大口病院の看護師。しかも、事件当夜に4階の担当だった看護師の1人です」(捜査関係者)>

   さらに複雑なのは、8月のペットボトルの被害者の女性看護師は、その頃に神奈川署に相談に行って、病院から嫌がらせを受けている、病院の上層部に差別されたと訴えていて、現在は有休を取って休んでいるという。

   終末期医療で寝たきりの高齢者たちを殺すというのは、7月に神奈川県相模原市の障がい者施設で19人を殺害した事件と似通った『臭い』を感じる。この時点でまだ犯人は逮捕されていないが、抵抗できない障がい者や高齢者という弱者がいる施設での犯罪はこれからますます増えるのだろう。

橋之助だけじゃない!勘三郎、染五郎、海老蔵、愛之助、藤十郎・・・みんな「女遊びは芸の肥やし」

   あまり触れたくはないが、ベッキーと「ゲス不倫」していた「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音が、未成年タレントと「お泊まりデート」しているところを週刊文春が撮っている。

   女性は19歳のタレント「ほのかりん」というらしい。中学・高校時代は雑誌「ニコラ」のモデルとして、卒業後は「コムシコムサ」なるガールズバンドでギターを弾いているという。週刊文春は彼女を含めた大勢で栃木県に馬鹿さわぎ旅行へ行った時も付いていったらしいが、ご苦労なことだ。

   今は川谷が元妻と新婚生活を送っていた賃貸マンションで半同棲生活を送っているという。女にはいるんだね、悲壮感を漂わせている男に同情してできちゃうヤツが。まあどうでもいいけどね。

   男女の仲といえば、中村橋之助の「浮気」騒動では妻の三田寛子の対応の良さが話題になったが、週刊ポストは不倫は歌舞伎界の「芸の肥やし」だから、いいんじゃないと肩を持つ特集を組んでいる。

   役者と芸者は芸の双子という言葉もある。これまでも数々の不倫が報じられたが、華やかな女性遍歴を持った中村勘三郎もそうだった。唯一、暗い影を落としたのは宮沢りえとの関係だったが、不倫疑惑が浮上した際、勘三郎はこれを「不倫ではなく可倫だ」という迷言を残したという。

   歌舞伎役者には血を守るという使命もあるためなのか、隠し子が存在した役者が多いそうだ。1997年、市川染五郎(43)は6歳年上の元女優との間に隠し子がいたことが発覚した。03年には海老蔵も隠し子の存在が明らかになる。大河ドラマ主演中だっただけに大騒動になった。また、11年には愛之助も京都のホステスとの間に男子をもうけていたことが報じられた。

   こんなエピソードもあるそうだ。02年、人間国宝の坂田藤十郎(84)は50歳年下の舞妓との不倫発覚と同時に「開チン」写真が流出した。その際の釈明会見で「お恥ずかしいなぁ~。私が元気だと証明するみたいで」「世の男性方にも頑張ってもらいたいね」とケロッと話したという。

   <「梨園の妻は耐えなければなりません。出ていった人は皆、我慢ができなかった人です。表舞台で活躍していた竹内結子や近藤サトが早々に離婚したのは、この梨園のしきたりが理解できなかったからでしょう。

   そもそも役者の地位が上がり『セレブ』になり、妻に芸能人を迎えたりするようになったのは戦後のことで、戦前までの梨園の妻は花柳界の女性がほとんど。だから夫の外での『遊び』を気にする奥さんなどいなかった」(梨園関係者)>

   良き梨園の妻の典型なのは、数多の美女と浮き名を流した勘三郎の妻・好江さんだ。夫の『遊び』に気づきながらも『浮気はだめだが浮体ならいい」と容認したそうだ。藤十郎の妻・扇千景も「開チン」事件の際、ある雑誌の取材に、「その方(不倫相手)なら私も贔屓にしております。あの中で一番美人で頭の良い子ですよ。まったく問題じゃありません」と余裕を見せた。

   <「梨園の妻にとって一番の優先順位は旦那の芸事。その妨げになるようなことは絶対にしない。芝居に磨きがかかるのであれば『どうぞ遊んできてください』とはっぱをかける妻もいる」(梨園関係者)>

   うらやましいね。いくらカミサンに「遊んできてもいい」といわれても、先立つものがなければ、芸者もホステスも鼻もひっかけてはくれない。

   先週の週刊文春のコラムで、林真理子も週刊文春の中村橋之助の記事は酷いと怒っていた。「謝るのは奥さんにだけでいい」といっている。遊びは伝統芸といった世界があるのだし、そうした世界と関わりを持ちながら芸を磨いて、それを客が見て喜ぶ。

   そういえば、落語の世界にでさえ「遊びは芸の肥やし」などという言葉は死語になってしまっている。圓生、文楽、志ん生の廓噺は、自分がとことん遊んだところからにじみ出る「粋」があったが、今の噺家のそうした噺は実感がこもっていないから噺が浮ついていて、こちらに迫ってくるものがない。まあ、無い物ねだりではあるが。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中