毎度同じ京都老舗案内と他愛ないクイズ!妙にバラエティーっぽいと思ったら・・・あれ、吉本の映画祭PR?
<女3人京都 100年旅>(テレビ朝日系)

印刷

   秋の旅行シーズン到来ということで、土曜の朝にこんな番組を見つけた。京都をめぐる旅というと、女優が出てくるのがお決まりだが、今回のメンバーは松本伊代、真琴つばさ、椿鬼奴の3人で、おまけに案内人がロンドンブーツ1号2号の田村亮だ。なんだかんだとバラエティ色が強い。中身は京都で100年以上続くスポットを巡り、行く先々で関連のクイズを出題し、知られざる京都を学ぼうというものだった。

   最初に訪れたのは二寧坂の石段脇にある甘味処「かさぎ屋」。ここは大正3年の創業で、竹久夢二が通った店としても知られているということで、「当時、大人気だった竹久夢二が京都に移り住んだ理由は何?」というクイズが出題された。正解は「駆け落ち」で、正解者の真琴には「三色おはぎ」が進呈されると、まあこんな流れである。

   ほかには扇子専門店「白竹堂」、鯖寿司の「いづう」、本家櫻もち「琴きき茶屋」、創業200年の老舗「井筒八ツ橋本舗」、最後は豆腐料理「嵯峨野」で湯豆腐に舌鼓を打つという趣向だった。

   100年の旅といいながら、創業150年、200年の老舗がゴロゴロあるのはさすが京都。にも関わらず、寺社仏閣などの観光名所には目もくれず、ただただ「食」に限定した旅はあっぱれというべきか。

   番組の最後に、「京都国際映画祭」の宣伝が入り合点がいった。ようは吉本がらみの映画祭の宣伝だったというわけ。ダメだこりゃ。(放送2016年10月15日9時55分~)

(白蘭)

採点:0
日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中