海老蔵、渡瀬恒彦は「本当にカッコよく素敵な先輩」 ブログで追悼

印刷

   歌舞伎役者の市川海老蔵が16日(2017年3月)ブログを更新し、「本当にカッコよく素敵な先輩でした」と、同日朝に訃報が報じられた俳優の渡瀬恒彦を追悼した。

   2人はNHK大河ドラマ「武蔵」で共演。他のドラマと違って1年の長丁場であるため、渡瀬から「本番キチンとやればいいんだよ」と共演者やスタッフ全てを思っての「大人の優しい言葉」をかけられたと懐古した。

   ほかにも、「血気盛んな上に血気盛んの血気ボーボー」かつ「おつむも今ひとつ」だった当時の海老蔵は、渡瀬から「俺と一緒でどうをとるやつは初めてだ!」と言われたそう。臆することなく無礼にも意味を問うと、「優しく強くこたえて下さった」という。

   最後は「この度のこと、 ショックでした、、」と結んだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中