2019年 1月 20日 (日)

堀江メール 差出人と受取人が同一

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

ライブドア前社長の堀江貴文被告から武部自民党幹事長の次男への「送金指示メール」問題で、メールの差出人と受取人が同一人物の可能性が高い、と新聞各紙が報じている。毎日新聞は2006年2月28日付けで、「民主党幹部が認めた」と明かし、「同一であれば、不自然さは否めず」としている。このほか、共同通信も「送受信ともフリー記者 民主メール調査で判明」との記事を配信したほか、読売新聞も「27日未明に党幹部がこの問題の対応を協議した場では、黒塗りされて不明だったメールの送信者と受信者が同一人物で、堀江被告とは別人だったとの情報があることが報告された」との記事を掲載した。

民主党が2月17日に公開したメールは、差出人、受取人とも黒塗りになっていた。この「送金指示メール」問題では、永田寿康衆院議員にメールを持ち込んだフリー記者の「自作自演」ではないか、という疑惑が浮上している。

20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中