阪急・阪神 経営統合で基本合意

印刷

阪急ホールディングス(HD)と阪神電鉄は2006年4月28日午後、経営統合に基本合意した、と発表した。HDと村上ファンドの交渉が決着すれば、HDは株式公開買い付け(TOB)を実施することになる。
一方、阪神電鉄は、自社株の約46%を保有する村上ファンドから、5月2日に開封するよう指示した株主提案書を受け取ったと発表した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中