お金が一番大切な小学生は25% 金融広報中央委員会調べ

印刷

金融広報中央委員会が全国の児童・生徒8万7,447を対象に実施したアンケートで、「お金が一番大切」と回答した割合は、小学校低学年25%、中学生26%、高校生30%だった。また、「お金をたくさんためたい」と考えているのは小学校低学年で74%、中学生は88%、高校生は90%と学年が上がるほど高い。一方で、「お金より大事なものがある」では小学生低学年が69%、中高生では77~79%だった。2006年5月17日に発表した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中