日本マクドナルドに初の労組

印刷

日本マクドナルドの店長らは2006年5月29日、労働組合「日本マクドナルドユニオン」を結成したと発表した。設立当初の参加者は、200人。労組は同日、会社側に対して結成を通告し、全国3,800店舗で労組加入を求める勧誘活動を始めた。ハンバーガーチェーン大手で労組が結成されたのは初めて。

マクドナルド労組は、「100円マック」や店舗の24時間営業拡大など、相次いで打ち出される経営方針について、「売り上げ至上主義」と指摘。店長の時間外労働や、アルバイトの有給休暇取得が不十分であることなどから、労働条件改善のための協議が必要とした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中