村上ファンドの運用益は1,200万円 日銀・福井総裁

印刷

日本銀行の福井俊彦総裁は2006年6月20日、99年に投資した村上ファンドの昨年末時点での残高は2,200万円だったとの資料を衆院財務金融委員会などに提出した。運用益は1,200万円に達する。元本の1,000万円が、約6年で2.2倍になったことになる。福井氏は03年3月の日銀総裁就任後もファンドを持ち続けたが、06年2月に解約を申し入れたという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中