日銀総裁 村上ファンドとの契約書など参院委に提出

印刷

福井俊彦・日本銀行総裁は2006年6月28日、村上ファンドに資金を拠出していた問題で、同ファンドと結んだ契約書などを参院財政金融委員会に提出した。
また、福井総裁が資金拠出していた投資事業組合をオリックスが管理していたことから、民主党は同日の理事懇談会で、同社の宮内義彦会長を参考人招致するよう再度要求した。今後、宮内氏と福井氏の関係や、両者の発言の整合性が問われそうだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中